古屋英治先生最終講義を開催

古屋英治先生最終講義を開催

2019年3月11日に東洋医学臨床研究所の所長・古屋英治先生の最終講義が主婦会館プラザエフで開催されました。 呉竹学園の学生、卒業生、教職員、古屋先生を慕う方々など約100名が集まり、最終講義を聴講しました。 古屋先生は、呉竹学園に入職以来40年余りかけて実証してきた鍼治療のエビデンス(研究で示された科学的根拠)について、ひとつひとつわかりやすく解説してくれました。はじめは、実験室での円皮鍼の効果について、疲労からの回復や運動部の血流改善に効果があることを実験結果を示して説明してくれました。続いて、その結果をスポーツ現場で応用的に活用し、スポーツ選手に対しても鍼治療が効果のあったことを示してくれました。 一方で、鍼治療による有害事象の報告も挙げて、治療で注意すべき場面をご指摘いただきました。 さらに、このような学際的な取り組みから、大学、学会、競技団体、省庁との結び付きが生まれてきたそうです。 最終講義の後半は、鍼治療についてのエビデンスを求める姿勢は維持しつつも、東洋医学を生理学的に解釈するという古屋先生の第二のライフワークについて、科学的見地をベースにした古屋先生の解釈について解説を加えていただきました。 鍼治療による自律神経、情動、エネルギー供給系への影響について、エビデンスを基にどのように考えられるかをお話いただきました。 さらに、今後の鍼治療についてのご提言もいただきました。 この20-30年あまり医療ではエビデンスが求められるようになってきました。ともすると、エビデンスがないと医療ではないといわれるほどに、その重要性が主張されるようになってきました。鍼治療でもエビデンスのさらなる構築が求められていますし、今後も求められていくでしょう。一方で、臨床においては、エビデンスに基づいた医療と患者の目線に立った医療との融合こそが求められていくのではないか。エビデンスに立脚しつつも、患者の語る病歴を忘れてはいけない。そのような視点に立って東洋医学の本質とされる未病治(まだ病気でない状態を治して病気にしない)を実践していくことが、今後求められていくのではないか、というお話でした。 最後には、古典『黄帝内経』から、未病治に関する2文を抜粋して、養生のための、スポーツでいえばコンディショニングのための、鍼治療を実践していくよう力強い言葉でまとめられました。 古屋先生は今年度でご退職されますが、来年度も非常勤講師として引き続き学生の指導に当たられるとのことです。 まだまだ古屋先生からお教えいただけることは多そうです。 read more

2019年度研究生募集

2019年度研究生募集

呉竹学園東洋医学臨床研究所(東医研)では、2019年度の研究生を下記の通り募集します。 詳細を本エントリー下端に添付のPDFファイルで確認して、要項を守ってお申込みください。 対象: 鍼灸に関する知的探究心を持ち、自ら積極的な行動ができる者。 1.本学園在校生(本科・専科・柔道整復科に在籍する学生) 2.本学園卒業生(あはき・柔整の有資格者。卒業見込みおよび教員養成科在学生を含む) 募集区分: 1.学生研究生 研究成果を「東洋療法学校協会学術大会」で発表すること 2.卒後研究生 臨床および研究成果を「全日本鍼灸学会」等で発表すること 募集人数: 若干名 研究期間: 2019年4月1日〜2020年3月31日 研究時間: 毎週月曜日 原則9:15〜21:15 (学生研究生については授業時間内の活動は認めない) 応募方法: 「東洋医学臨床研究所研究生応募用紙」を事務所で受け取り、必要事項を記載の上、応募期間内に事務所に提出する 応募期間: 2019年2月25日(月)〜3月15日(金) 研究生募集にあたって 東医研では『問題発見自己解決能力(考える力)の育成』を掲げています。具体的には各自で問題点(テーマ)を見つけて、それを解決する方法を選択・実施して、結果を得る。さらにその妥当性を考察するとしたものです。また解決方法や結果はできる限り分かり易い表現で公表することが求められます。鍼灸師は技術職であると言われていますが、優れた技術者であっても使う相手を間違えては意味がありません。次世代を担う鍼灸師にはエビデンス(科学的根拠)に立脚した臨床が求められています。東医研では鍼灸師が提供する鍼灸臨床を医学や医療の立場から正当な評価を受ける素地を作るため、エビデンスを基本とした『考える力』を養うことを提供しています。東医研の活動内容に興味があり、かつ積極的に学術研究を行う姿勢を持つ学生および卒業生を歓迎します。 呉竹学園 東洋医学臨床研究所長 古屋英治   2019研究生募集 read more

ラクロス全日本選手権で優勝!

ラクロス全日本選手権で優勝!

12月16日に第29回ラクロス全日本選手権大会決勝戦が京都市西京極運動公園で行われました。この大会は全日本大学選手権および全日本クラブ選手権の優勝・準優勝チームの4チームで行われる、今年の「真の日本一」決定戦です。 この試合に昨年度から呉竹学園がサポートしている「東日本ラクロスクラブNeO(ネオ)」が出場しました。 NeO(ネオ)は、全日本クラブ選手権は3連覇中ですが、全日本選手権は、一昨年は準決勝敗退、昨年は決勝戦で敗れ準優勝と、まだ優勝したことがありませんでした。 しかし今年は、準決勝では昨年王者慶應義塾大学を破り、決勝ではクラブチームMistral(ミストラル)に勝利し、念願の全日本チャンピオンとなりました。 チームトレーナーとして活動している東洋医学臨床研究所の上原明仁先生は、試合前にテーピングを実施するなどして、試合前最後のコンディション調整に努めました。 上原先生は、通常練習、合宿、試合前等のテーピング・鍼・マッサージなどの施術をする以外にも、昨年の反省を踏まえて一年を通じてランニングトレーニングを重視したメニューを組んでチームのベースアップを計ると同時に、睡眠・栄養・休息・セルフケアなどの講義や指導も行い、チーム強化に寄与してきました。また平日には東医研附属施術所で鍼灸治療を行い、選手のコンディション調整を図ってきました。 その結果、選手がトレーニングとコンディショニングの重要性を理解し、実践し続けた努力が実を結び、日本一となりました。 今年のラクロス競技へのサポートはこれで終了しましたが、来年は同クラブチームに加え、大学チームのサポートも決定しており、チーム及び選手がそれぞれの目標達成を図れるようにサポートを継続していきます。 また更に、来年度はこれらの活動を当学園の学生に対して見学実習として学習の場を提供していく予定です。 read more

ラクロス全日本クラブ選手権大会決勝戦

ラクロス全日本クラブ選手権大会決勝戦

 12月1日に第20回ラクロス全日本クラブ選手権大会決勝戦が東京の駒沢オリンピック公園第一球技場で行われました。この大会は全国の社会人クラブチームの今年の日本一を決める大会です。 東洋医学臨床研究所(東医研)の上原明仁先生は、昨年から女子ラクロスチーム「東日本ラクロスクラブチームNeO(ネオ)」のチームトレーナーとして活動しており、この決勝戦にも帯同しました。 試合前にテーピング、鍼、マッサージなどの施術で選手のコンディション調整をし、試合中は控え選手のアップ指導や出場選手の動きを注視して不測の事態に備えました。 普段の練習では選手曰く「地獄の門が開くトレーニング」を課す鬼の上原先生も試合時は仏?の上原先生に変身して選手たちの動きを見守ります。 試合はNeOが勝利し、クラブチーム日本一となりました。NeOはこれで全日本クラブ選手権3連覇となりました。 クラブチーム日本一とはなりましたが、これでシーズンは終わりません。次は全日本選手権(大学選手権優勝・準優勝チームと戦う真の日本一決定戦)が控えています。ラクロスは競技人口の85%が大学生というスポーツで、近年の女子競技では大学チームにクラブチームは勝てない状況が続いています。昨年度NeOは全日本選手権決勝まで進んだものの、慶應義塾大学に延長戦の末に惜敗し、準優勝で終わっています。 社会人チームであるため、平日はそれぞれの仕事を持ち週末だけ練習という制約の多い環境ですが、それだけに日々の生活にも気を配ってコンディションを整えていくことが重要です。上原先生は選手に対してはSNSなどを通じて平日にも個別アドバイスを行うほか、東医研の附属施術所で鍼灸治療を行うなどして選手のケアを行なっています。 選手が万全の体調で試合に臨み、全日本選手権が笑顔で終われるように、今後もチームサポートを継続していきます。 read more

年末年始の休診のお知らせ

いつも東洋医学臨床研究所をご利用いただき、ありがとうございます。 下記のとおり、年末年始は休診とさせていただきます。 ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、ご容赦ください。   記 休診 2018年12月26日(水)〜2019年1月6日(日) 以上   read more