Archives by date

You are browsing the site archives for 7月 2014.

【健康ニュース】 熱中症から身を守ろう!

【健康ニュース】 熱中症から身を守ろう!

熱中症から身体を守ろう!   関東でも梅雨が明け、夏本番となりました。 さて、昨今の環境や社会の変化にともない、ニュースなどでよく見聞きするようになった熱中症ですが、熱中症は夏の強い日射しの下で激しい運動や作業をする時だけでなく、身体が暑さに慣れない梅雨明けの時期にも起こります。また屋外だけでなく、高温多湿の室内で過ごしている時にもみられます。症状が深刻なときは命に関わることもありますが、正しい知識があれば予防することができます。熱中症を知り、自分でできる熱中症対策を心がけましょう。   熱中症のメカニズム 身体の中では、筋肉の働きにより常に熱が作られています(産熱)が、この熱を身体の外に逃がすこと(放熱)で、体温は36〜37℃に保たれています。しかし、運動をしたり、暑いところにいたり、日差しなどにより体温が上昇することがあります。体温が上昇すると、身体の表面に近いところ(皮下)を流れる血管の血流量が増え、体内の熱を外に逃がしやすくします。その結果、血液が身体全体に行き渡るため、一時的に血液不足となり、血圧が下がることがあります。そのとき、脳に十分な血液が送られず、酸欠状態となり、めまいや立ちくらみを起こしたり、ひどいときは意識を失うこともあります。 また、著しく体温が上昇するときには、汗をかくことでも体内の熱を外に逃がしますが、その際、十分に水分を補給しないと脱水状態になります。脱水状態が続くと、全身倦怠感、悪心・嘔吐、頭痛などの症状がみられます。汗は血液から作られますが、なめてみると塩分を含んでいることがわかります。塩分は血液中の電解質の中で最も多いナトリウムです。つまり、汗をかいたときには水分だけではなく、塩分も失っており、水と電解質(特にナトリウム)の補給が必要です。 ナトリウムは筋肉の収縮を調節する役割があるため、ナトリウムが不足していると手足がつるなど、筋痙攣を引き起こすことがあります。さらに症状が悪化すると、体温を調節する働きが追いつかなくなり、体温が上がり、脳に影響がおよび、倒れたり、意識障害を起こすこともあります。   熱中症が起こりやすい時期 真夏の日中、最高気温が高くなった時が最も危険です。炎天下の作業やスポーツは控えましょう。また、熱帯夜が続くと体力も消耗し、夜間も体温が高く維持されてしまうため、熱中症が起こりやすくなることがわかっています。 梅雨明けの蒸し暑くなった時期にも熱中症は多く見られます。この時期は身体がまだ暑さに慣れていないため上手に汗をかくことができず、体温をうまく調節できないからです。   特に注意を要する人 乳幼児は、大人より新陳代謝が活発で体温が高いのが特徴です。しかし大人と比べて、汗腺が未発達なため、うまく体温調節をすることができません。炎天下の車の中など、体温よりも周囲の温度が高くなる場所では、短時間で体温が上昇し、生命に危険が及びます。また、ベビーカーに乳幼児を乗せて外出するときも注意が必要です。日差しが強いときは、地面に近いほど、気温が高くなります。背の高い大人は大丈夫でも、こまめに子供の様子を観察することが大切です。 高齢者は暑さやのどの渇きを感じにくく、水分を十分に摂ることが困難です。また、心機能や腎機能が低下しがちなため、熱中症になった時の症状がより重篤になりやすい傾向にあります。   熱中症の予防法 こまめな水分補給と体温(室温)管理が重要です。水分補給と言っても、一度に大量の水を摂取すると、かえって体内の電解質バランスを崩し、体調不良を引き起こしてしまう場合があります。従って、少量(適量)の水をこまめに摂取しつつ、梅干しを食べたり、塩飴をなめたりするなど、水と一緒に塩分(ナトリウム)を補給すると効果的です。屋外であれば、日陰や涼しい場所で休息をとりながら、スポーツ飲料水などで水分補給をするといいでしょう。 特に高齢者の場合は、喉の渇きを感じていなくても、定期的に水分を取るように習慣づけてください。(お茶やアルコールには利尿作用があり、水分補給にはなっていない場合がありますので注意が必要です。)また、熱中症は室内でも多く発生しています。高齢者は汗をかきにくく、子供の場合は汗腺などが未熟のため、体にこもった熱をうまく発散できないことがあります。エアコンや扇風機を効果的に使い、部屋の温度が上がりすぎないように工夫することも大切です。   熱中症になってしまったら 熱中症かな?というサインには、次のようなものがあります。 ・めまい、立ちくらみ、顔のほてりなど ・筋肉のけいれん、筋肉痛 ・はきけ、嘔吐、体のだるさ(虚脱感) ・いつもと汗のかきかたがおかしい(異常に汗をかく、暑いのに汗をかいていない) ・高体温   こうした徴候が現れたら、無理をせず、次の行動をとってください。 ①すぐに涼しい場所に移動して、休息を取る。(足の位置を頭より高くして横になる) ②うちわや扇風機などで風をあてて、体を冷やす。保冷剤や氷などをタオルで巻いて、太い血管(動脈)が通っている首や脇の下、足のつけ根のあたりを冷やすとより効果的です。 ③スポーツドリンクなどで水分・塩分を補給する。(自分で水を飲むことができない場合は、無理に飲ませないでください。気管を詰まらせてしまう危険性があります。)     ただし、次のような症状がある場合は、速やかに救急車を呼ぶか、近くの医療機関に搬送してください。 ・意識がもうろうとしている、意識がない ・全身のけいれん ・呼吸が浅くて速い ・発汗が停止し、体温・皮膚温が熱い   もちろん、日頃から熱中症にならないように、しっかりと睡眠を取り、栄養のあるものを食べて、元気に健やかに過ごしましょう!また、体調の優れない時は、過度な運動や炎天下での外出を控えましょう! read more