Archives by date

You are browsing the site archives for 1月 2011.

第9回新宿シティハーフマラソン

第9回新宿シティハーフマラソン

 1月30日(日)国立競技場にて開催された第9回新宿シティハーフマラソンが開催されました。  国立競技場内に設置された新宿区鍼灸師会が主催するツ・ボランティアでは、マラソンに参加する選手を対象に、円皮鍼によるコンディショニングを行いました。レース終了後はコンディショニングを希望する選手の行列が途切れないほどの盛況で、40名近くのツ・ボランティアスタッフは一日大忙しでした。  ツ・ボランティア設置に先駆けて、前週の1月23日(日)には東医研の金子先生がボランティアスタッフを対象に、「マラソンと鍼灸」というタイトルの研修会を行いました。  近年ランニングを楽しむ人が増えてきましたが、一方で走り過ぎやフォームの乱れなどで慢性的な疲労や障害をかかえている方も多く、それらの症状は鍼灸治療の対象となるケースが多いと考えられます。  東医研には年間のべ1500名近くのランナーやトライアスリートがコンディショニングや痛みの緩和を目的に来院されています。マラソンシーズンも終盤、多くのアスリートがベストコンディションでレースに臨めるようにサポートしていきたいと思います。 read more

東医研研修会 −午後の部−

東医研研修会 −午後の部−

1月24日(月)は午前中に消防庁での普通救命講習会を受講した後、午後は東洋医学臨床研究所にて卒後研究生による研修会を行いました。各々テーマを持ち調べたこと、考えたことを発表しました。 発表において先生方の意見をいただき、内容の順序だて、聞いている方々に分かりやすく伝える難しさ、そして自分自身の勉強不足、また理解の不足など強く痛感しました。 今回の研修会での反省をしっかりと受け止め、今後自分の知識また来所される患者さまの治療に役立てられるよう勉強していきたいと強く感じました。 卒後研究生 read more

普通救命講習を受講

普通救命講習を受講

 1月24日、四谷消防署にて今年初の研修を行いました。東医研では、日頃より競技レベルに関係なくアスリートをサポートするため施術所やチームに帯同して鍼によるコンディショニングを中心に行っていますが、今回はコンディショニングの核となる選手の命を守れるよう心肺蘇生法を中心とした応急手当を学ぶ普通救命講習を受講しました。  これまでに応急手当の講義を受けたことがあるスタッフもいましたが、心肺蘇生法は何年かに一度改訂があります。そのため全員で最初から教わり最新の知識と技術を習得しました。  スポーツ現場では応急手当が必要な場面に出くわす可能性は一般の生活よりも高くなります。確かな知識と技術を習得し、アスリートがより安心してスポーツに取り組めるよう東医研ではこれからも様々な研修を行っていきます。 参考サイト:東京消防庁電子学習室「命を守る」 http://www.tfd.metro.tokyo.jp/learning/contents/inochi/contents/el_01-01.html read more